パチンコ パチスロ 初心者立ち回り 縦の比較 横の比較 役物癖 について

パチンコ、スロットにおいてとても重要な

縦の比較

横の比較

ネカセ・役物癖(パチンコ)

について考えていきたいと思います(=゚ω゚)ノ

 

 パチンコやパチスロで安定して

  勝っていくには、これを理解していると

        とても支えになる技術です!

【スポンサードリンク】

 

まずははじめは用語の説明です

 

 ネカセ・役物癖とは

 基本的に全てのパチンコ台は台の

上部が打ち手側に傾斜しています。

その傾斜角度によって玉は様々な

影響を受けるので、その台の

 

傾斜による役物(ステージ)の癖を把握

 

(できれば数値化)しておくことです

 

 横の比較とは

  同店舗の

   同一機種の釘を比較して見ていくこと

 

 縦の比較とは

  その台の基準となる釘や設定を憶え

  過去と比較して見ていくこと!

 

  ※ 「その台」とは製造番号などで

    特定できる一つの台で同機種とは

    違います !ここがポイントです!

 

製造番号

認証シール

この番号を把握していれば入替時など

島移動した場合でも直ぐに判断がつきます!

天龍や天下一戦、ミリオンゴッド

など移動の際に美味しい台が多数あります。

 

パチスロは移動後据え置くことが多いので

天井狙いなどではかなり有効ですね!

 

 

用語についてはこんな感じですかね?

 

横の比較はわかりやすいですよね(-ω-)/

 隣の台と見比べていけばいいわけです

 

特に新台入替や新規オープンなど

その台の状態が把握できていない時は

横の比較で行うしかないわけですね

 

今は少なくなりましたが

スロットなどで言えば777並びは高設定など

示唆していればそれを探せばいいわけです

(パチンコで言えば取り合えず

    命釘が開いているみたいな)

 

でもこれは打ってみないと実際のところ

わからないことが多いです(>_<)

別記事でも書いていますが

パチンコはネカセや役物の癖などの

影響を受けやすいので

釘は良いのに思ったより回らないということ

が起こるわけです(-_-メ)

 

スロットも777並びを確保しても

機械割101~3%の設定とかっていうのも

あるあるですw

 

なので横の比較に頼っていると収支も

安定しないと思います

 

横の比較の場合は店舗が出す出さないも

打ってみた後しかわからない…

 こともあります…(>_<)

 

 

で、もうお分かりだと思いますが安定して

   勝つことで重要なのは

 

【スポンサードリンク】

 

 縦の比較ネカセ・役物癖

   合わせ技になります。

 

なぜか?

 

製造番号や認証シールで特定された

     「その台」

以前に打って釘や設定を憶えている

加えてパチンコの場合は役物の入賞率や

ネカセによるステージ癖を把握している

ので現状の釘(設定や回転数)を過去

比較して打てるかどうか

判断しているからです!

 

このような方法で勝っている方を

昔はジグマと呼ばれてましたね

 

 

その台が良いから

このくらいのだとボーダー+8はいくな!

とかわかっちゃうわけです。

 

スロットなら、

 

前日設定5でSIN(シングルボーナス)を

仕込んで1回転目で揃った!

 

前日天井まで30Gだった台が当日30G

で天井到達した!

 

毎年7月7日は776番台を

   出しているとかですねw

(これは視点を変えた縦の比較です)

 

それをベースに覚えて打つか打たないかを

判断していくわけですので

こうなると打つ前や打っても少額で

判断できるわけですね!

なので朝一というのは期待値以上の

メリットが多々あります。

 

一昔前は防犯目的などで閉店後に

全ての台を開けてチェックするのはまれで

特定の台(釘を叩く、設定変更をする等)

以外はそのままという店舗も多くありました。

 

特にコインの自動補給のお店は

スロ・パチ両方ともその傾向が強かったです!

サボタージュでしょうねw

 

なぜ縦の比較と役物の癖の把握が重要か

わかってもらえたと思います。

 

でも…私がどうやって縦の比較と役物癖の

把握を身につけたかというと

ただ単に

 「1店舗に通い詰める環境に恵まれた」

     おかげでした。

 

私がそれを身につけられたのは

   スロットの名機! 

 

ユニバーサル クランキーコンドル!

 

8.6枚交換の店舗でしたが、

 

1年半ほどもの間

 

クランキーコンドルの設定6をほぼ毎日

打つことができました。(機械割115%)

 

こんなに長い期間打てた(通えた)ことで

縦の比較の重要性が実感でき

設定が良くても確率に振り回されることも

体感できました(`・ω・´)

 

この店舗は大きな工業団地内にあった

パチンコ店で時間をつぶしに来る人が

多いこと多いことw

 

近隣店舗では全台リセットする店もあり

クラコンがリセットされていた際には

AT高確率状態の台を10数台打てていましたw

 

いやーまた打ちたいw

 

 

そんな環境なのでパチンコも

    スロットも甘々でした。

まぁだから暇つぶし客が

     来てたんでしょうけどね

 

8.6枚交換の店に暇つぶしにきてはだめですよw

 

さて本題

 

  ここで使っていた縦の比較の方法

 

① BET残し

 

②リプレイ残し

 

③小役払出枚数残し

 

④ごみを台の隙間に移動しておくw

 

などなどですがw

 

一番効果的だったのは

⑤ REG残しです(=゚ω゚)ノ

 

なんじゃそりゃと思うかもしれませんが、

前日と変わったか変わらないかということを

探るのが一番重要なことです( ̄▽ ̄)

 

この台はBIG1回分の出玉でできる設定判別も

あり容易に設定確認もできていました。

 

なので設定を確実に確認してから閉店近くの

当たったREGを残す

次の日の朝はわざと数回回してから揃える!

(さすがに毎日朝一REGを

    揃えてたら怪しまれましたw)

 

揃えば本日も終日稼働確定です!(;^ω^)

 

【スポンサードリンク】

 

 

大学生の頃ここで失敗しながら目押しの設定が

上がっていったのは言うまでもありませんw

 

しかも通ったおかげで確率論や

設定変更のタイミング(3日は据え置く)

パチンコも含めて様々な機種の癖や釘など

を勉強することができました(´Д⊂ヽ

(こっちの方が大事ですね!)

 

通っているといろんな事柄が見えてきます

良さげの履歴

 実は低設定で事故フラグが

    続いたものの伸びなかったとか

 

設定5確定でも

 1/4の抽選を12回も外し続けて

       グラフ真っ逆さまとか

 

私自身もクラコンの設定6

 5000G打ってもBIGが1/420で疲れてしまい

 止めた後に爆発したとかw

 

日々の収支にバラツキあっても

1年半打ち続けた統計値は

メーカー発表値に落ち着くことを

確認できたとか

 

今のご時世からは信じられないかも

しれませんがバブル期の事実です(; ・`д・´)

 

そんなわけで

縦の比較ができるようになれば

今日の釘は勝てる状態なのか

設定が変わったののか

店舗が出す気があるのか

わかるようになり

安定した収支となってくると思います。

 

上にも書きましたが

設定5でも引きが悪ければ勝てません

ボーダー+8回っても1/3の確変が引けなければ勝てません

 

確率は見えないので

  疑心暗鬼を生じやすいです

 

こればっかりは確率は落ち着くということを

成功体験していくしかないですが、

回る台を1/3が引けないからといって

捨ててはだめです(;^ω^)

ちまたのオカルトは楽しむ程度にほどほどにw

 

なのでボーダー以上の台を打ち続け

確率がどう動いていったかを感じる

確率を体感して自分の中に結果が

蓄積すると根拠のある判断が

できるようになります

 

(この辺は株の保有にも通じるところが

あると思います!株価の波はパチンコ収支

の波と違って大きなうねりですけど

似ているいますよね!)

 

その為にはまずいろんな店舗を回って

(現場でプロを目指すなら

 移動距離100kmというのも必要と思います)

ボーダー以上(できれば+5以上)の

勝てる台を見つけることが最優先です

 

※少額の期待値でも収支が

  荒れずらい機種がいいですね

 パチなら遊パチ~ライトスペック

 スロなら荒れない機種で機械割108%以上

  (設定ではないですw)

 

こう書いている時点で

 今のスロットに希望は薄いですね…

 

【スポンサードリンク】

 

 

勝っても負けても釘や設定が変わるまで通い

打ち続けステージ癖や役物の癖、設定変更を把握し

釘や設定が変わった場合は

どう変わったかメモに残していくこと。

 

急にステージ癖や役物の癖が変わったら

ネカセの変化を疑う…

その台の本当のスペックを把握していってください。

 

 

地道ですが一番確かな方法です。

変な攻略でもやらない限り…

 

 

通って通って縦の比較ができるようになっている

頃には複数の優良店舗を開拓しているはずです。

しかも店舗ごとの癖がわかり、

確率にも負けなくなっていると思います。

 

出さない店には通う必要も

1円も使う必要はありません(/・ω・)/

 

複数の優良店舗で開いているとき

開く時期にだけ打てばいいんです(`・ω・´)

だって店が出したいんだからw

 

優良店舗が開いていない時は打ってはダメです

 

プロとは遊ぶためにいくのでは

ないですからね…

 

以上縦の比較

  横の比較についてでした(=゚ω゚)ノ

 

 

最後まで読んでいただき

    ありがとうございます!(^^)!

【スポンサードリンク】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です